借金の一本化は難しい、債務整理の方が良い

借金の返済が苦しくなってくると借金を一本化出来ないか?と考える方も多いと思う。多重債務者と呼ばれる人たちは一箇所に借金をまとめる事で、低金利にし、少しでも早く借金を減らそうと考える。しかし借金の一本化と言うのは、非常に条件が厳しいのはご存知だろうか。もちろん延滞履歴などがあっては問題外だが、それ以上に将来支払うべき利息を含め(利息制限法を越えた金利)すべて完済する必要があるのだ。多重債務者の方がこんな事を出来るわけはない。(親御さんなどに借りれれば別だが)。昔、東京スター銀行のおまとめローンと言うのが流行った時期があった。今でも商品としては残っているが、私の知人も多重債務者でおまとめローンを検討している頃があったが、結局審査にはまったく通らず諦めざる終えなかった事実がある。返済が普通にしていけるレベルの借金ならそのまま返済をするのが当たり前なのですが、それが出来ない状態になった為におまとめローンを検討する方が多いのでしょう。そこまで返済計画が立てられない状況になってしまったら、一度は弁護士に相談をした方が良いと考えます。債務整理をするしないは関係なく、今ある借金の返済が厳しい場合は借金相談をした方が間違いありません。よほどの収入と返済能力があると認められている場合はおまとめローンでも良いと思うのですが、利息しか払う事が出来ない状態のような方はおまとめローンは無理だと思っても良いでしょう。本来おまとめローンと言うのは、複数ある借入れのうち、支払いは問題ないのだが支払日がバラバラであったり、金利が少し高いといった方が利用するものです。単純に今ある借金の金利を安くしたい、一つにまとめて返済を少しでもしていきたい、といった状況の方では審査はまず通りませんので、そこまで来ている場合は任意整理などで減額などを考えた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です