債務整理で考えられるデメリット

債務整理と言うのは借金返済を楽にしてもらう国が与えてくれた手段という事はご理解頂けたかと思う。そこで債務整理をする事によるデメリット(悪い部分)をまとめてみる事にする。債務整理にも複数の種類がある事は前回説明したが、まず【自己破産】に関するデメリットは、CIC、JICCでは5年間、KSCでは10年の間、自己破産の履歴が残る事になる。これはどういう事かと言うと、破産者としてレッテルを貼られるのと同じ事で新たに借金をする事が非常に難しい状態となる。ただし一生涯ではなく、最長で10年経過すればこの履歴は削除される事になっている。また官報には2度掲載される事になる。1度目は破産申立を行った時点、そして2度目は免責が降りた時点。この官報と言うのは誰でも閲覧出来るものだが、友人知人など一般の人が見るものでもない。また一定期間、就けない職業も出てくる。保険関連、警備員、弁護士などの士業などがそれにあたる。しかしこれも免責が降りるまでの期間となっている為、自己破産が無事済めば勤める事は可能となる。【個人再生】のデメリットと言えば、基本的には自己破産に近い状態となる。しかし職業制限などはなく官報に載り、一定期間(5年、10年)は新たに借金をする事が出来ない状態となる。【任意整理】のデメリットと言えば、個人信用機関(CIC、JICC、KSC)に返済方法変更の旨が記載される事になる。この為、事故情報として扱われるため、新たに借金をする事は非常に難しい。しかし裁判所を通す事のない手続きの為、場合によっては個人再生や自己破産よりは早く借入れをする事が出来る事もあるらしい。このように債務整理で考えられるデメリットとしては、新たに借金が出来なくなる事が一番気になる部分ではないだろうか。しかしよくよく考えてみれば、今ある借金の返済が出来ず債務整理を行う為、新たに借金をする考え自体がおかしいと言っても良いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です