債務整理をするとスマートフォンは分割払いが出来ない

債務整理をすると信用機関へ登録をされる。この為、俗に言うブラックリストになる可能性が非常に高くなる。そこで今の時代、身近に困るのがスマートフォーンの存在だ。一昔前までは携帯電話は0円という企画が多かったが、今ではスマートフォーンは5万円から8万円ほどしてしまう高価な買い物となってしまった。この為、携帯電話会社は毎月の料金に組み込み分割払いの設定をしている事がほとんどになっている。しかし債務整理をする事によって、このスマートフォンの分割払いは出来なくなってしまう。この分割払いと言うのは、携帯電話会社共通の信用機関を設けており、そこの情報を閲覧する為ブラックリスト扱いの人には分割払いを受けないようになっている。もしスマートフォーンが故障をしたり、機種変更をしたい場合は現金で支払う必要が出てきてしまう。ただ携帯料金に関しては今までとなんら変わりはない。普通に支払いを行える為、携帯電話を持つことが出来ないという状況にはならない。マイホームや車などは債務整理をしても諦めがつくが、スマートフォンについては今は必須アイテムとなっている。派遣会社へ登録する時ですら、スマホがないと派遣会社への登録すら出来ないところもあるぐらいだ。債務整理をする中で、一番身近な問題(デメリット)はやはりこのスマートフォーンの買い替えではないだろうか。あとはそんなにローンを組む事も以外に少ない。この為、債務整理をしてもそこからの生活に支障を来たす事も少なく、逆に借金が減額されたり、無くなったりしている為、一生懸命お金を貯める事も出来るのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です